イメージ画像

交通事故の紛争と保険会社

保険会社の示談代行付の保険の普及に伴い、被害者の交渉相手が保険会社の社員となるケースが多くなっています。
双方で保険に入っているケースがほとんどですから、保険会社同士の話し合いとなりますので、チェックが必要です。
保険会社は、保険会社の支払い基準をベースに被害者と交渉するのですが、この支払い基準は一般的に裁判所の裁判における考え方よりは低くなっているようです。
加害者(保険会社)との話し合いがつかない場合の最終的な解決手段は、裁判所に裁判を提起することになります。
請求する額が140万円を超える場合は地方裁判所、140万円以下であれば、簡易裁判所に訴えを提起します。
なお、簡易裁判所に調停を申し立てる方法もあります。
調停は請求する額に関係なく、簡易裁判所に申し立てます。
請求額が60万円以下であれば、簡易裁判所で少額訴訟という簡単な手続きの裁判を申し立てる事が出来ます。

交通事故ドットコム

交通事故の慰謝料は弁護士を代理人に立てた方が高くなるという事実をご存知でしょうか?
前述しましたが、裁判で認められた損害賠償の金額よりも保険会社が設定している基準の方が安いために、このような事態が発生します。
そのため、弁護士に保険会社の相手をさせると、その矛盾が保険会社は分かっているので、慰謝料が増える訳です。
交通事故の紛争問題に強い弁護士を探すなら「交通事故ドットコム(http://kotu-soudan.jp/)」が便利です。
都道府県別やカテゴリ別に弁護士が探せます。
相談料無料・通話料も無料なので、本当に親身になってくれる弁護士が探せます。

交通事故紛争処理センター

財団法人交通事故紛争処理センターは、交通事故に関する紛争について、公平・中立的な立場から適正な処理を図ることを目的として昭和53年に設立されています。
ここでは、交通事故に関し、嘱託弁護士による和解のあっせん並びに紛争解決のための審査などの業務も行っています。

日本損害保険協会の相談室

社団法人日本損害保険協会は、損害保険会社を会員とする団体ですが、損害保険相談室及び各地の自動車保険金請求相談センターにおいて損害保険についての問合せに応じています。
保険金を巡るトラブルとなった場合などではなく、被害者が保険金の請求でどのような手続きをしてよいか分からない時などに利用すると良いでしょう。
なお、平成24年4月以降は、そんぽADRセンターに業務が引き継がれています。
なお、相談にも応じています。

交通事故をめぐるトラブルの解決法|自分でできる民事訴訟裁判

交通事故を巡る法的トラブルを自分で解決するためのサイトです。
相手が保険会社や弁護士でも、自分に非がない場合、自信ををもって法廷に立つべきです。
自分が望む賠償金を勝ち取りましょう!
http://inshizeiacchi2.com/minjisoshoacchi/p24.html

このページの先頭へ